中国を攻略するための模倣品対策

中国の模倣品対策のために特許や商標を中国へ出願するのは当然ですが、中国の模倣品対策を成功させるためには中国へ出願するだけでは不十分です。世界の…

著作権法に干渉されたくなければ契約を

著作権法の原理・原則は、「権利者の了解を得て利用する」という極めて簡単なことです。著作権法の理解を難しくしているのは、権利者の権利を弱めるため…

創業商標出願支援

創業を思い立ったら知財対策を始める

創業に知財が必要な理由は、知財が事業を守るための大切はツールになるからです。創業したばかりだから知財は関係ない、と思っている人がいますが、事…

「光」の意匠に注目

「光」の意匠に注目

高層ビルのライトアップにみられるように光で装飾された建築物が増えています。昼間の印象とは全く違う印象を与える「光」建築物ですが、このような建築物は…

辞めることを考えて契約する

辞めることを考えて契約する

これからビジネスを始めようとするときに辞めることを考えるのは不謹慎、というのが日本のビジネスの考えです。しかし、永久に続くビジネスというものが存在し…

PICK UP

  1. 創業商標出願支援

RECENTRY

  1. 登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由
  2. 創業商標出願支援
  3. 商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由