簡単にできる著作権のビジネスへの活用の仕方

著作権は商標権や特許権と同じ知的財産権です。

商標権や特許権は知っていても著作権はよくわからないという人が少なくないので、著作権の活用の仕方を紹介します。

 

著作権と商標権や特許権と大きく違うところは、著作権が無方式主義である点です。

著作権は、商標権や特許権と違って登録などの方式をすることなく権利が発生します。

 

商標権や特許権を取得するためには、特許庁の審査が必要ですが、著作権は審査というものがありません。

著作物を創作した時点で自動的に権利が発生します。

 

権利が発生した後は、その権利を有効に活用してビジネスを進めることができます。

 

例えば、あるデザイナーに製品に表示するロゴデザインを創作してもらいます。

ロゴデザインの著作権を買い取ります。

そのロゴデザインを製品に付けます。

たったこれだけです。

 

あなたの製品には著作権のあるロゴデザインが表示されているので、そのロゴデザインが表示されている製品を第三者が無断で製造すれば複製権の侵害になります。

 

著作権は、保護期間は著作者の死後50年(TPP参加で70年に延長予定)と非常に長いことや、外国での保護も約束されていたり、実はビジネスでも活用しやすい権利なのです。

関連記事

  1. 音の商標

    中国で音の商標登録ができます

  2. その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?

    その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?

  3. 中国企業との取引ではインセンティブ条項を充実させた契約書を作る

    中国企業との取引ではインセンティブ条項を充実させた契約書を作る

  4. 中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害

    中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害

  5. 優れた創作は模倣から

  6. 秘密の内容を特定していない守秘義務契約は役に立たない

  7. 中国で模倣されている店舗の外観は商標で守れるのか

  8. 秘密保持契約書を締結して民事・行政・刑事を活用する中国リスク対策