香港特許。まず中国へ出願。

中国と香港は一国二制度です。

このため香港で特許権や商標権を取得するためには、香港の特許法や商標法に基づいて手続きをすすめる必要があります。

中国の特許権や商標権があっても、それらの権利は香港では効力が及びません。

Medium 5977609373

photo credit: BusinessSarah via photopin cc 

商標権や意匠権は香港の知識産権署に対して直接手続きをすれば良いのですが特許の場合には注意が必要です。

香港の知識産権署に直接、特許出願をしても香港の特許権を取得することはできません。

香港で特許権を取得する場合には、まず中国知識産権局に特許出願をしておく必要があります。

中国知識産権局へ出願するルート以外にも、英国特許庁や欧州特許庁へ出願しておくルートがありますが、現在では中国知識産権局へ出願するルートが一般的でしょう。

 

香港知識産権署に対して、次の2つの手続きを行う必要があります。

まず中国知識産権局で出願公開された日から6ヶ月以内に、中国専利出願の記録を登録簿に記入してもらうように請求する記録請求を行います(香港特許条例第15条)。

そして中国知識産権局で専利が付与された日から6ヶ月以内に、中国知識産権局で付与された専利の登録と香港特許の付与を請求する登録及び付与請求を行います(香港特許条例第23条)。

 

手続きを間違えると香港で特許権を取得することができなくなってしまいます。

関連記事

  1. 知的財産権は中国進出する企業の生命保険 知的財産は中国進出する企業の生命保険です
  2. 商標のプレスリリースは時期に注意 商標のプレスリリースは時期に注意
  3. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。
  4. 契約書に書かないことのリスク 契約書に書かないことのリスク
  5. 訪日外国人に人気なら商標登録や模倣品対策も必要 訪日外国人に人気なら商標登録や模倣品対策も必要
  6. 現地に特許がないなら技術供与をしてはいけない
  7. マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法 マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法
  8. 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない
PAGE TOP