中国知財法務

中国から利益を回収する知的財産の活用方法

中国から利益を回収する方法に商標などの知的財産を活用する方法があります。

中国で知的財産権を登録するときに権利の名義を中国国外の事業会社Aにします。

事業会社Aは中国国内の事業会社Bに知的財産権をライセンスします。

 

事業会社Bは事業会社Aからライセンスされた知的財産の使用料を中国国外の事業会社Aに支払います。

中国から国外へ支払うライセンス料については、契約自由の原則に基いて当事者が自由に決めることができます。

 

 

中国に限らずタイ、ベトナム、インドネシアなどの知的財産権を第三国で統括して管理することもできます。

 

 

例えば、シンガポールに知的財産権の管理会社を設置し、アセアン若しくはアジア地域の知的財産権を統括して管理するスキームです。

知的財産権の統括管理については次回、改めて紹介します。

関連記事

  1. 中国で商標権を侵害したときの賠償と制裁のまとめ

    中国で商標権を侵害したときの賠償と制裁のまとめ

  2. 会社名や商品サービス名を考える前にやっておきたい大切なこと

  3. 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと

    文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと

  4. 著作権契約と権原保証

  5. 海外進出に意匠をすすめる理由

  6. 商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない

    商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない

  7. 偽ブランド、海賊版の個人輸入について解説します

    偽ブランド、海賊版の個人輸入について解説します

  8. 特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャンス

    特許を受ける権利を譲渡するときが発明者にとって最初で最後のチャンス