その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?

冒認出願対策としてとりあえず中国に商標を出願しておく、というケースが少なくありません。
中国は日本と同じように登録主義を採用しています。

したがって、中国国内で現在使用していない商標でも「将来的に使用する予定がある商標」について予め商標登録をすることができます。

中国で製造・販売する事業計画に先立ち、中国で使用する商標を予め出願する、という考えに基づいて、中国で商標出願する場合は中国商標法の趣旨と整合します。
ところが、中国で製造・販売する計画はないが、第三者に商標を登録されてしまうことを嫌い、とりあえず中国で商標出願する、という場合は中国商標法の趣旨と整合しません。

現段階では使用する予定はないが将来のことはわからない、ということもありますが、中国商標法が想定している「将来」とは、出願した商標が登録された後、「3年」です。

中国商標法が登録主義を採用する結果、冒認出願対策商標を含め、実際には使用されていない商標も数多く登録されてしまうという弊害が生じます。

このため、中国で商標登録された後、3年間継続して使用されていない商標に対して、不使用を理由とする取消を請求できる制度(中国商標法第49条)が設けられています。

中国で製造・販売する予定がなく、冒認出願対策を理由に中国で商標を登録する場合は、取り消されるリスクがあることを想定しておく必要があります。

関連記事

  1. 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと
  2. ドメインネーム 商標権者が優先してドメインネームを登録できます
  3. 著作権登録のすすめ 著作権登録のすすめ
  4. 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の責任 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の罪
  5. 絵で見る中国の知財パワーの凄まじさ
  6. デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるのはどっち? デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるの…
  7. キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」と思える感覚 キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」…
  8. 中国と日本の商標登録出願を比較 中国と日本の商標登録出願を比較
PAGE TOP