中国で商標登録する理由

商標を登録する目的は商標を独占して使用するためではありません。

商標が使用できなくなるリスクを回避するためです。

 

商標を登録しなくても商標を使用することはできます。

独占的に使用することはできませんが、商標を使用することはできます。

 

しかし商標を第三者が登録したら、商標を使用することができなくなるかもしれません。

 

 

中国ビジネスを考える場合、商標を登録しないことのリスクを常に考えておく必要があります。

 

相手に商標を登録されてしまうリスク。

相手から商標の使用中止を求められるリスク。

相手から損害賠償を請求されるリスク。

中国工場の操業を停止させられるリスク。

中国税関で通関が停止されるリスク。

模倣品の拡散を阻止できないリスク。

 

これらのリスクは中国で商標を登録しておけば対応できるものばかりです。

関連記事

  1. 著作権侵害を回避する最も確実な方法
  2. 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと
  3. 著作権侵害は誰にとって悪なのか
  4. FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収 FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収
  5. 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意…
  6. 新元号の商標登録可能性について解説します
  7. キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」と思える感覚 キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」…
  8. 権力が集中する日本税関の水際制度
PAGE TOP