中国で商標登録する理由

中国で商標登録する理由

商標を登録する目的は商標を独占して使用するためではありません。

商標が使用できなくなるリスクを回避するためです。

 

商標を登録しなくても商標を使用することはできます。

独占的に使用することはできませんが、商標を使用することはできます。

 

しかし商標を第三者が登録したら、商標を使用することができなくなるかもしれません。

 

 

中国ビジネスを考える場合、商標を登録しないことのリスクを常に考えておく必要があります。

 

相手に商標を登録されてしまうリスク。

相手から商標の使用中止を求められるリスク。

相手から損害賠償を請求されるリスク。

中国工場の操業を停止させられるリスク。

中国税関で通関が停止されるリスク。

模倣品の拡散を阻止できないリスク。

 

これらのリスクは中国で商標を登録しておけば対応できるものばかりです。

関連記事

  1. 中国商標にマドプロを使わない3つの理由

    中国商標にマドプロを使わない3つの理由

  2. 中国で特許を出願するときは部品の意匠も出願しておく

    中国で特許を出願するときは部品の意匠も出願しておく

  3. 登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由

    登録商標と類似する商標の使用が他人の商標権を侵害する理由

  4. 1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール

    1万6000円以下の商品を個人使用目的で輸入する場合の税関ルール

  5. ディズニーに学ぶ模倣品対策

    ディズニーに学ぶ模倣品対策

  6. 見ているだけでも楽しい中国商標調査

  7. 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由

    著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由

  8. 中国で立体商標を登録するメリット

    立体商標と意匠。中国で立体商標を登録するメリット