中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

 

中国で商標出願するときに指定する商品の数は必ず2つ以上にします。

中国の商標審査は指定した商品の一部に拒絶理由があっても日本のように出願全体を拒絶するわけではありません。

拒絶理由がある指定商品だけを拒絶し、その他の指定商品については登録します。

 

もし一つしか商品を指定しておらず、そしてその商品に拒絶理由があると、登録できる商品が存在しない出願になってしまいます。

中国の商標料金は、出願料に10年分の登録料を含んでいます。

登録できる商品がない出願だからといって登録料が戻ってくることはありません。

 

なお指定する商品の数が10を超えると超過料金が発生するので、実務上、出願時に指定する商品の数は2から10です。

 

 

関連記事

  1. 中国 中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられ…
  2. 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない
  3. 登録される前に公開されてしまう中国商標に注意 登録される前に公開されてしまう中国商標に注意
  4. 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。
  5. 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできません 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできませ…
  6. 「文字+図形」商標の拒絶リスクは組み合わせた数に比例する
  7. 日本の税関はアメリカで買ったコンバースのスニーカを没収できるのか…
  8. 国境のないクラウドサービスを知的財産で守る 国境のないクラウドサービスを知的財産権で守る
PAGE TOP