数字で見るチャイナプラスワンの出願状況

チャイナプラスワンとしてインドネシア・タイ・マレーシア・ベトナムへの進出が加速していますが、知的財産の出願件数も増えています。

これらの国では特許出願件数も多いのですが、意匠登録出願の件数も多いということです。

出願件数の30%〜40%が日本人で占められています。

特許を海外へ出願する場合の費用のうち翻訳が占める割合が高いのですが、図面を提出する意匠登録出願は「翻訳」という煩わしさがありません。

複数の国に特許出願すれば、その分だけ翻訳が必要になることを考えると、海外出願は意匠というのが最も費用対効果が高いと言えます。

(グラフは特許庁HP:特許行政年次報告書より抜粋)

 

インドネシア意匠出願件数

マレーシア意匠出願件数

タイ意匠出願件数

ベトナム意匠出願件数

関連記事

  1. コスプレ衣装を自作すれば著作権問題はない、は本当か
  2. 開放された特許は本当に自由に使えるのか 開放された特許は本当に自由に使えるのか
  3. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上
  4. 著作権だけではない「ゆるキャラ」を守ってくれる知的財産権 著作権だけではない「ゆるキャラ」を守ってくれる知的財産権
  5. 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法
  6. ランチェスター式出願戦略のすすめ
  7. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  8. 優れた創作は模倣から
PAGE TOP