登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

登録商標と同じ商標を使わず、書体、色、配置などを変えて使うことがあります。

登録商標以外に書体、色、配置などの外観が類似する商標を使うということは、市場には外観が類似する純正商標がたくさん流通することになります。

このような商標は、模倣業者からみると模倣しやすい商標と見られてしまいます。

 

模倣品についている商品タグをみると、ひらがなやカタカナが間違っている場合が少なくありません。

「ち」と「さ」、「ワ」と「ク」、「り」と「リ」、「シ」と「ツ」など、日本人がみれば明らかに間違えだとわかるようなミスがたくさん見つかります。

商品タグを模倣するときと同じことが商標の模倣でも起こります。

 

書体、色、配置などの外観が純正商標と少しくらい違っていてもバレるはずがないと考えます。

 

権利者が登録商標と類似する商標を市場に流通させてしまうと、市場には登録商標と類似する純正の商標と、登録商標と類似する模倣商標とが混在することになります。

 

消費者が純正商標と模倣商標を混同するばかりではなく、権利者も純正商標と模倣商標の区別がつかなくなってしまいます。

 

商標を使うときは登録商標と同じ商標を正確に使うこと、商標を登録するときは使用する商標を登録することが模倣品対策になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ
  2. 肖像権 肖像権は有名人にしか認められないの?
  3. 代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法
  4. ランチェスター式出願戦略のすすめ
  5. 登録される前に公開されてしまう中国商標に注意 登録される前に公開されてしまう中国商標に注意
  6. 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ
  7. 会社名や商品サービス名を考える前にやっておきたい大切なこと
  8. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
PAGE TOP