著作権フリーの落とし穴

著作権を気にしないで自由に利用できる著作権フリーと呼ばれる著作物には2つの種類があります。

一つは、著作権の保護期間が満了していたり、著作権法の保護対象ではないという理由で、誰でも自由に利用できるパブリックドメインになっている著作物です。

もう一つは、著作権は存在するけれど著作権者の意思で著作権を行使しないという理由で、自由に利用できる著作物です。

どちらの場合も自由に利用できることには違いはありませんが、著作権がある後者の場合は注意しておくことがあります。

 

それは著作者が死亡した場合です。

著作者が死亡した場合、その著作権は相続されます。

著作権を行使しないという故人の意思を引き続いて相続人が著作権を行使しなければ問題は顕在化しません。

しかし将来の相続人が著作権を行使するかどうかは誰にもわかりません。

法律的には非常に不安定な状態です。

 

著作権は著作者の死後も50年にわたって存続します。

著作権を譲り受けずに安易に著作権フリーに頼ってしまうと将来思わぬ落とし穴にはまる場合もあります。

関連記事

  1. 中国から日本へ個人輸入するときに気をつけたい著作権法上のポイント 中国から日本へ個人輸入するときに気をつけたい著作権法上のポイント…
  2. なぜ特許を取らなければならないのか? なぜ特許を取らなければならないのか?
  3. マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法 マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法
  4. 偽物を「所有」する時代から本物を「利用」する時代へ 偽物を「所有」する時代から本物を「利用」する時代へ
  5. 似ているの判断が難しい知的財産権の世界 「似ている」の判断が難しい知的財産権の世界
  6. 中国で商標やデザインを登録していない場合に第三者に摸倣された場合…
  7. 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできません 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできませ…
  8. 簡単にできるUI類似デザイン検索 簡単にできるUI類似デザイン検索
PAGE TOP