著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

著作権侵害物品の輸入等はすでに「非親告罪」です

著作権侵害事件を非親告罪にするという流れがあります。

非親告罪になれば著作権者の告訴がなくても刑事罰が適用されます。

ところが著作権侵害事件が非親告罪にならなくても、著作権を侵害する物品を輸入等した場合は、著作権者の告訴がなくても、刑事罰が適用されています。

関税法によれば、知的財産侵害物品を輸出した者、輸入した者もしくは輸入しようとした者は、10年以下の懲役等が適用されます(関税法第108条の4第2項、第3項、第109条第2項、第3項)。

税関が知的財産権の侵害を特定する方法は2つあります。

1つは権利者の意思表示に基いて税関が知的財産権の侵害を特定する方法です。

そして、もう1つは権利者の意思表示がなくても税関職員が職権で知的財産権の侵害を特定する方法です。

著作権等、知的財産権の侵害については、権利者の意思表示の有無にかかわらず税関職員が職権で侵害を特定し、関税法違反として刑事罰を適用することができるのです。

参考 著作権侵害物品密輸入事件

関連記事

  1. 香港で商標を登録するときに利用したい便利なサービス

    香港で商標を登録するときに利用したい便利なサービス

  2. 中国で特許を出願するときは部品の意匠も出願しておく

    中国で特許を出願するときは部品の意匠も出願しておく

  3. ウソの発明で特許を取得したら懲役です。

    ウソの発明で特許を取得したら懲役です。

  4. 「文字+図形」商標の拒絶リスクは組み合わせた数に比例する

  5. 創業商標出願支援

    創業を思い立ったら知財対策を始める

  6. 中国

    中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられました…

  7. 中国の特許出願が増えれるほど日本の特許が潰れやすくなる

    中国の特許出願が増えるほど日本の特許が潰れやすくなる

  8. 自分の名前以外の会社名を使うなら必ず商標登録をしておく

    自分の名前以外の会社名を使うなら必ず商標登録をしておく