法務

法務

トラブルの出口戦略が書かれた使える契約書を目指そう

契約書で大事なことは、トラブルが発生したときの解決方法を明確に記載しておくことにあります。 ここでいうトラブルの解決方法とは、トラブルが発生したときに契約当事者以外の第三者の判断に委ねるのではなく、契約当事者のみで解決できる方法を指します...
法務

秘密保持契約の契約期間を決めるときに考えておくこと

秘密保持契約を締結することにより相手から開示された情報を契約期間にわたって守秘する義務が生じます。 どの程度の契約期間にするかは当事者が自由に決めうることですが、想定しておかなければならないことがあります。 それは特許出願です。...
法務

「正規運賃の3倍」キセル乗車に学ぶ破られない契約書の作り方

キセル乗車が発覚した場合の違約金が正規運賃の3倍ということはよく知られていることです。 ペナルティの内容を金銭に絡めていること、その金額を3倍という計算しやすい方法で表現することで、不正乗車に対する抑止力になっているようです。 ペナ...
法務

本物そっくりのミニカーが自動車の意匠権の侵害になる欧州と侵害にならない日本

本物そっくりのミニカーを製造販売しても自動車の意匠権を侵害しない日本の意匠制度。 日本の意匠法は、意匠権侵害を構成する要件に、物品の同一・類似性を規定しています。 自動車の物品名である「乗用自動車」とミニカーの物品名である「自動車おもち...
法務

特許権や商標権が侵害されたら司法よりも行政を利用するべき理由

特許権や商標権の侵害を審理する裁判所は、まず権利侵害の有無を審理し、侵害の心証を得た場合に損害の有無を審理するという二段階審理方式を採用します。 標準的な侵害論の審理は、原告が訴状を陳述し、被告が答弁書を陳述して第1回目の口頭弁論が終...
法務

中国で現地法人を設立するときの代表者を誰にするべきか

中国で現地法人を設立するときは、日本の代表取締役に相当する法定代表人を定める必要があります。 日本本社の代表取締役がそのまま現地法人の法定代表人を兼ねる場合がありますが、実務上好ましいとは言えません。 税務を始め中国では頻繁に行...
法務

中国で訴訟するなら先ずは出国

ビジネスにトラブルはつきものです。 トラブルを解決のためには訴訟を選択するかもしれませんが、中国で訴訟を始めるなら先ずは出国することが大切です。 中国では外国人の出国を禁止する場合として、未完の民事訴訟を抱え人民法院が出国を禁止...
タイトルとURLをコピーしました