ブログ

「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟

「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟

韓国の雑貨店「」と100円ショップの「」の商標権侵害訴訟。

一審ではダイソー側の主張は認められず敗訴しましたが、高裁ではダイソー側の主張が認められました。

 

商標権の侵害訴訟では、「ダサソー」と「ダイソー」に接した消費者が2つの商標を混同するかどうかを判断します。

 

つまり、「ダイソー」という雑貨店で買い物をするつもりの消費者が、「ダサソー」という店舗の看板をみたときに、「ダイソー」と間違えて、「ダサソー」という雑貨店で買い物をする可能性を判断します。

 

この場合、「ダイソー」の周知性が高いほど、消費者が「ダイソー」と「ダサソー」を混同する可能性は低くなります。

参考 「商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない」

日本では「ダイソー」の周知性はかなり高いので、「ダイソー」と「ダサソー」を混同する可能性は低くなります。

 

韓国において、「ダイソー」がどの程度、周知されているかは分かりませんが、日本ほど周知性が高くなければ、「ダイソー」と「ダサソー」を混同する可能性は高くなります。

 

今回の侵害訴訟で、韓国では「ダイソー」と「ダサソー」の周知性が高くなったので、今後は2つの商標が混同すると判断される可能性は低くなるでしょう。

 

追記

2015年10月15ダイソーの勝訴が確定しました。

 

関連記事

  1. 似ている商標を使っても犯罪にならない中国 似ている商標を使っても犯罪にならない中国
  2. 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない
  3. 同じデザインを使い続けると最強のブランドを手に入れることができる…
  4. 中国 中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられ…
  5. パソコンでできる簡単な商標調査 パソコンでできる簡単な商標調査
  6. 取扱説明書・仕様書のコピーを著作権で守る方法 取扱説明書・仕様書に著作権はあるの?大事な情報を著作権で守るため…
  7. 登録される前に公開されてしまう中国商標に注意 登録される前に公開されてしまう中国商標に注意
  8. 優れた創作は模倣から
PAGE TOP