ブログ

「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護

「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護
Voiced by Amazon Polly

物品の外観を保護する意匠権で保護された製品デザインのほとんどが衣服・機器・機械などの工業製品で占められていますが、なかには寿司、ケーキ、たこ焼きなどの食品も含まれています。

「用途・機能が同じならデザインが良い方が選ばれる」と言うように、用途や機能での差別化が難しいモノはデザインの良し悪しが需要を左右します。

食品の世界も「美味しい」ことはもちろん、見た目の良さも大切な要素なのですが、意匠権を取得している食品はごくわずかです。

食品の意匠権取得は難しいという固定観念や、食品自体ではなく食品のパッケージの意匠権を取得するという食品業界の慣習などが食品の意匠権が少ない理由として考えられます。

しかし、「美味しさ」を模倣することは難しくても「見た目」のデザインを模倣することが簡単な食品にあって食品自体のデザインを意匠権で保護することは、価格競争に巻き込まれるリスクを排除し、継続的な独占実施による食品のブランド形成にも寄与するなど、メリットは少なくありません。

 

 

 

 

 

 

意匠登録1396390

意匠登録1397599

意匠登録1471522

 

 

 

意匠登録1670990

関連記事

  1. 模倣品業者が気にする中国税関登録物品 模倣品業者が気にする中国税関登録物品
  2. 中国と日本の商標登録出願を比較 中国と日本の商標登録出願を比較
  3. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  4. 商標の偽造と模倣の違い 商標の偽造と模倣の違い
  5. 知らなかったでは済まない商標権侵害と知らなかったら侵害にならない著作権 知らなかったでは済まない商標権侵害と知らなかったら侵害にならない…
  6. 中国ライセンス契約 他人の著作物を引用するときの大事なルール
  7. 外国出願 東南アジアの商標制度のまとめ
  8. 模倣をビジネスに取り込む 模倣をビジネスに取り込む

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP