ブログ

その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?

その商標、3年以内に中国で使用する予定がありますか?
Voiced by Amazon Polly

冒認出願対策としてとりあえず中国に商標を出願しておく、というケースが少なくありません。
中国は日本と同じように登録主義を採用しています。

したがって、中国国内で現在使用していない商標でも「将来的に使用する予定がある商標」について予め商標登録をすることができます。

中国で製造・販売する事業計画に先立ち、中国で使用する商標を予め出願する、という考えに基づいて、中国で商標出願する場合は中国商標法の趣旨と整合します。
ところが、中国で製造・販売する計画はないが、第三者に商標を登録されてしまうことを嫌い、とりあえず中国で商標出願する、という場合は中国商標法の趣旨と整合しません。

現段階では使用する予定はないが将来のことはわからない、ということもありますが、中国商標法が想定している「」とは、出願した商標が登録された後、「3年」です。

中国商標法が登録主義を採用する結果、冒認出願対策商標を含め、実際には使用されていない商標も数多く登録されてしまうという弊害が生じます。

このため、中国で商標登録された後、3年間継続して使用されていない商標に対して、不使用を理由とする取消を請求できる制度(中国商標法第49条)が設けられています。

中国で製造・販売する予定がなく、冒認出願対策を理由に中国で商標を登録する場合は、取り消されるリスクがあることを想定しておく必要があります。

関連記事

  1. 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと
  2. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。 インターネット時代のネーミングを考える
  3. 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明 特許出願件数の低下が意味するもの。智慧型発明と知識型発明
  4. なぜ中国は個人で商標を出願するのか なぜ中国は個人で商標を出願するのか
  5. 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ
  6. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  7. 中国 中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられ…
  8. 区分の制限を受けない著作物を商標のように使う 区分の制限を受けない著作物を商標のように使う

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP