ブログ

なぜ特許を取らなければならないのか?

なぜ特許を取らなければならないのか?

全ての発明が他人の模倣から保護されるわけではありません。

世の中には特許制度の利益を得ている発明と、特許制度の利益を得ていない発明があります。

特許制度は発明を他人の模倣から守るための制度です。

発明を他人の模倣から守りたいなら特許制度を利用して単なる発明を特許発明に昇華させる必要があります。

 

特許制度があるにもかかわらず、特許制度を利用していない発明は、特許制度の利益を受けることを放棄した発明です。

つまり特許発明に昇華させていない単なる発明は、だれでも模倣して良い発明を意味します。

 

もっとも特許制度の利益を得たくても特許制度が要求するレベルに達していない発明は、特許発明に昇華させることはできません。

この場合はノウハウとして独自に他人の模倣から守るしかありません。

 

全ての発明のなかから特許制度の利益を得ることができる発明を抽出して特許発明として保護する特許制度は、発明は原始的には模倣自由であることを意味します。

 

これに対して著作権制度は特許制度のような審査や登録を必要としません。

コンテンツが創作された時点で他人の模倣から守るための著作権が与えらます。

 

全てのコンテンツに対して何ら手続きをすることなく著作権を与える著作権制度は、コンテンツは原始的には模倣禁止であることを意味します。

 

「権利の上に眠る者は保護に値せず」という法諺があります。

本来、権利の時効消滅を例えた諺ですが、特許を受ける権利を有する者が、その権利を行使しないなら、発明を模倣から守る権利を得ることができない、と例えることができそうです。

関連記事

  1. 外国出願 外国商標登録を意識した日本商標登録出願
  2. 冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録 冒認出願対策なら商標登録よりも著作権登録
  3. なぜ中国は個人で商標を出願するのか なぜ中国は個人で商標を出願するのか
  4. 中国商標改正法の影響。異議不成立のリスク 中国商標法改正の影響。異議不成立のリスク
  5. ウソの発明で特許を取得したら懲役です。 ウソの発明で特許を取得したら懲役です。
  6. アディダスにみる立体商標戦術 アディダスにみる立体商標戦術
  7. 著作権登録が中国で増えている理由 著作権登録が中国で増えている理由
  8. 中国商標調査 簡単にできる中国商標の調査

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP