ブログ

アジアの商標登録出願料金を比較

アジアの商標登録出願料金を比較

・韓国などの東アジアに加え、タイ・ベトナムなどASEANへ商標登録する日本企業が増えてきました。

商標を登録するときに気になるのが料金です。

 

商標登録するときに必要な費用は、官庁へ支払う料金と、代理人へ支払う料金に分けることができます。

代理人に支払う料金は代理人ごとに異なるので、官庁へ支払う料金が高い国から順に並べてみました。

10個、1区分で出願・登録するために必要な料金)

 

日本(JPY49,600)

香港(HKD2,000)

(SGD341)

韓国(KRW273,000)

タイ(THB8,000)

台湾(TWD5,500)

インド(Rs3500)

中国(RMB300)

ベトナム(VND880,000)

 

指定商品については、日本のように大きな概念で包括的に商品を指定できる国と、包括的に指定することは認められず具体的な商品を個別に指定しなければならない国があります。

後者の国に商標を登録する場合は指定商品の数が多くなります。

タイは包括的な指定が認められない国の一つですが、指定商品1個ごとに料金を設定しているので、指定商品の選定には注意が必要です。

 

参考 東南アジアの商標制度のまとめ

関連記事

  1. 「店舗外観」を守ってくれる知的財産権
  2. FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収 FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収
  3. 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録
  4. ニセモノと知らないで仕入れた商品を売ったらどうなるの?
  5. 著作権が役にたたないとき 著作権が役に立たないとき
  6. 店舗の外観デザインを保護するトレードドレスに注目
  7. 商標が有名になると類似範囲は狭くなる不思議 商標が有名になると類似範囲が狭くなる不思議
  8. 技術情報 中国で技術情報を安全確実に守る方法

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP