ブログ

アジアの商標登録出願料金を比較

アジアの商標登録出願料金を比較

・韓国などの東アジアに加え、タイ・ベトナムなどASEANへ商標登録する日本企業が増えてきました。

商標を登録するときに気になるのが料金です。

 

商標登録するときに必要な費用は、官庁へ支払う料金と、代理人へ支払う料金に分けることができます。

代理人に支払う料金は代理人ごとに異なるので、官庁へ支払う料金が高い国から順に並べてみました。

(指定商品10個、1区分で出願・登録するために必要な料金)

 

日本(JPY49,600)

香港(HKD2,000)

シンガポール(SGD341)

韓国(KRW273,000)

タイ(THB8,000)

台湾(TWD5,500)

インド(Rs3500)

中国(RMB300)

ベトナム(VND880,000)

 

指定商品については、日本のように大きな概念で包括的に商品を指定できる国と、包括的に指定することは認められず具体的な商品を個別に指定しなければならない国があります。

後者の国に商標を登録する場合は指定商品の数が多くなります。

タイは包括的な指定が認められない国の一つですが、指定商品1個ごとに料金を設定しているので、指定商品の選定には注意が必要です。

 

参考 東南アジアの商標制度のまとめ

関連記事

  1. スポーツ中継のパブリックビューイング、大画面テレビと著作権の微妙な関係 スポーツ中継のパブリックビューイング、大画面テレビと著作権の微妙…
  2. 認証制度を利用して他社の商品やサービスと差別化しよう 認証制度を利用して他社の商品やサービスと差別化しよう
  3. 中国知財法務 中国から利益を回収する知的財産の活用方法
  4. 著作権フリーの落とし穴 著作権フリーの落とし穴
  5. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上
  6. 中国商標にマドプロを使わない3つの理由 中国商標にマドプロを使わない3つの理由
  7. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  8. 登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策 登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP