ブログ

ウソの発明で特許を取得したら懲役です。

ウソの発明で特許を取得したら懲役です。

どうしても特許を取得したい、気持ちは分かりますが、ウソの発明はいけません。

ウソの発明とは、

実験もせずにウソの実験データを記載する、

実験をしてみたが思うようなデータが取得できなかったのでねつ造した実験データを記載する、

発明の作用効果を偽る、

などです。

Medium 8432571611

photo credit: IntelFreePress via photopin cc

 

これらの行為は、発明を審査する特許審査官を騙す行為です。

 

学術論文と違い特許はアイデアだけでも登録できるため、研究者のなかには特許を甘く考えている人がいるかもしれません。

研究者にとって学術論文を評価されることがステータスであり、もし学術論文のねつ造が発覚すれば、その後の研究人生が絶たれるという危機感が実験データのねつ造を思い止まらせているのに対して、研究者にとって特許の有無は評価されないので特許を軽く考えている人がいるかもしれません。

さらには日本に出願する発明には実験データを記載しない、または適当な実験データを記載しておき、アメリカ特許は重要だからアメリカに出願する場合にだけ正確な実験データを記載すれば良いと考えている人がいるかもしれません。

 

特許法の罰則には、ウソの発明で特許を取得した人に対して三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金を科すことを規定しています(特許法197条)。

さらに発明者が所属していた企業に対しても最高1億円の罰金を科すことを規定しいます(特許法201条)。

関連記事

  1. 中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分 中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分
  2. 商標権侵害の警告は突然やってくる 商標権侵害の警告は突然やってくる
  3. 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「キャンパスノート」 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「キャンパスノート」
  4. 中国商標。権利者の決め方 中国商標。権利者の決め方
  5. 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない
  6. 会社名や商品サービス名を考える前にやっておきたい大切なこと
  7. 中国知財法務 中国から利益を回収する知的財産の活用方法
  8. 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP