ブログ

ニセモノと知らないで仕入れた商品を売ったらどうなるの?

ニセモノと知っていて商品を仕入れ、ニセモノを第三者に売ることが知的財産権の侵害になることは理解できると思います。

ではニセモノと知らないで仕入れた商品を第三者に売ったら、どうなるのでしょうか。

知らなかったから仕方がない、と言いたいところですが、法律は知っていた知らなかったは関係なくニセモノを第三者に売ることは知的財産権の侵害として扱います。

Chan Luu style wrap bracelet
photo credit: sunlizard via photopin cc

 

この考え方をもう少し説明してみます。

例えば本を買うと本の所有権が買った人に移転します。

本を買った人は所有権に基いて、その本をどう処分しようが自由です。

本を転売する、本を貸す、本を廃棄する、何れも自由です。

 

ところが本に収容されているコンテンツは著作物です。

著作物を保護する著作権ですが、厄介なことに本の所有権が買った人のところへ移転しても著作権は移転しません。

 

本を買った人が古本屋に売ると、著作権を持っている著者や出版社が権利の侵害だと主張することができます。

 

自分が買った本を売ることができないなんて、ちょっとおかしいと思いませんか?

知的財産権と所有権が分離していると、このような厄介なことが起こります。

 

そこで登場するのが、消尽または用尽という考え方です。

この考え方は、本を買った時点で著作権は消えたものとして扱います。

本を買った時点で著作権が消えたのだから、買った本を古本屋に売っても、著作権の侵害だと追求されることはありません。

 

ここで注意しておきたいのは、消尽または用尽が適用されるのは、本の所有権が正当に移転した場合です。

お金を払って本を買った、著者や出版社から献本された、などという場合です。

 

これに対して万引きして本を入手した、無断で複製した本を入手した、というような場合は、正当に所有権が移転していないので、消尽または用尽は適用されません。

万引きした本や無断で複製した本を古本屋に売った場合は、著者または出版社から著作権の侵害だと追求されます。

 

万引きした本や無断で複製した本と同じように、ニセモノの商品を仕入れた場合も、正当に所有権が移転していないので、知的財産権は消尽または用尽することはありません。

ニセモノの商品を売ると、知的財産権の侵害になります。

ニセモノと知っていれば当然、ニセモノと知らなくても、仕入れたニセモノの商品を売ると知的財産権の侵害になります。

関連記事

  1. ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由 ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由
  2. アジアの商標登録出願料金を比較 アジアの商標登録出願料金を比較
  3. 意外と便利なJASRACが管理する音楽 意外と便利なJASRACが管理する音楽
  4. 新元号の商標登録可能性について解説します
  5. 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権 無断複製は違法だけど無断視聴は合法な不思議な著作権
  6. 商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由 商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由
  7. 中国企業との契約では仲裁解決を期待してはいけない 中国企業との契約では仲裁解決を期待してはいけない
  8. 中国で商標権を侵害したときの賠償と制裁のまとめ 中国で商標権を侵害したときの賠償と制裁のまとめ

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP