ブログ

マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法

マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法

マドプロを利用して商標を国際登録したあとは、存続期間が満了する前に更新手続きを繰り返して商標権を維持することができます。

更新手続きは期限前に行うのが原則ですが、期限を過ぎた後でも、満了日から6ヶ月以内であれば、割増手数料を支払うことで更新手続きを行うことができます。

満了日から6ヶ月を経過した後は更新手続きを行うことはできず、更新手続きをしなかった国の商標権は消滅します。

商標権が消滅した後に商標権を復活させたい場合は、その国に直接商標登録出願を行う、又は事後指定によって追加する方法があります。

事後指定の回数に制限はなく、すでに事後指定で追加した国の商標権の存続期間が満了し、満了日から6ヶ月を経過して更新手続きを行うことができない場合でも、再度、事後指定によって追加することで復活させることが可能です。

 

事後指定をした場合でも商標権の存続期間は国際登録日から10年で満了します。

国際登録日から10年が経過しようとしているときは、更新手続きをしたあとに事後指定した方が良いでしょう。

関連記事

  1. ウソの発明で特許を取得したら懲役です。 ウソの発明で特許を取得したら懲役です。
  2. 商標の偽造と模倣の違い 商標の偽造と模倣の違い
  3. 中国知財法務 中国から利益を回収する知的財産の活用方法
  4. 知的財産権は中国進出する企業の生命保険 知的財産は中国進出する企業の生命保険です
  5. 著作権が助けてくれた中国商標トラブル 著作権が助けてくれた中国商標トラブル
  6. 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録
  7. 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない
  8. 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上 中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP