ブログ

中国で商標登録する理由

中国で商標登録する理由

商標を登録する目的は商標を独占して使用するためではありません。

商標が使用できなくなるリスクを回避するためです。

 

商標を登録しなくても商標を使用することはできます。

独占的に使用することはできませんが、商標を使用することはできます。

 

しかし商標を第三者が登録したら、商標を使用することができなくなるかもしれません。

 

 

中国ビジネスを考える場合、商標を登録しないことのリスクを常に考えておく必要があります。

 

相手に商標を登録されてしまうリスク。

相手から商標の使用中止を求められるリスク。

相手から損害賠償を請求されるリスク。

中国工場の操業を停止させられるリスク。

中国税関で通関が停止されるリスク。

模倣品の拡散を阻止できないリスク。

 

これらのリスクは中国で商標を登録しておけば対応できるものばかりです。

関連記事

  1. 中国著作権法改正。懲罰的賠償制度トリプルダメージの導入 中国著作権法改正。懲罰的賠償制度トリプルダメージの導入
  2. 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと 文字と図形を組み合わせた商標を登録するときに気をつけたいこと
  3. 著作権登録のすすめ 著作権登録のすすめ
  4. 公証を取得したノウハウで中国の先使用に備える 公証を取得したノウハウで中国の先使用に備える
  5. 香港で商標を登録するときに利用したい便利なサービス 香港で商標を登録するときに利用したい便利なサービス
  6. 自分の名前以外の会社名を使うなら必ず商標登録をしておく 会社名の商標登録は必要か?自分の名前以外なら登録をしておく
  7. 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録
  8. 中国で商標やデザインを登録していない場合に第三者に摸倣された場合…

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP