ブログ

中国で特許を出願するときは部品の意匠も出願しておく

中国で特許を出願するときは部品の意匠も出願しておく

ネットのオークションを覗いてみると、ベンツの部品やBMWの部品が数多く出品されています。

オークションで純正以外の部品を安価に仕入れて修理を依頼するのだそうです。

このような純正以外の部品の多くが世界の工場と言われている中国で製造されています。

 

製品に対して特許を取得しておけば、その製品に使われる部品を他社が無断で製造すれば特許権の侵害になると思っている方が多いと思います。

間接侵害の規定がある日本では、製品に使われる部品も保護されますが、間接侵害の規定がない中国では、製品に対して特許を取得しただけでは、製品に使われる部品を製造販売しても特許権の侵害にはなりません。

製品だけでなく部品についても特許を取得できれば良いのですが、部品自体は汎用技術を使っているので特許を取得できるような技術的特徴がないことが多いと思います。

 

そこで部品に対して意匠権を取得しておくことをオススメします。

技術的な特徴がなくても外観のデザインに特徴があるとして部品の意匠権を取得しておくのです。

中国の場合、意匠は無審査で登録されるので意匠権は容易に取得できます。

関連記事

  1. 秘密情報の漏えいを確認する特許制度の利用方法
  2. アディダスにみる立体商標戦術 アディダスにみる立体商標戦術
  3. FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収 FTAで活発になるロイヤリティを使った資金回収
  4. 商標を使えば商品の価格を上げることができる 商標を使えば商品の価格を上げることができる
  5. 著作権登録のすすめ 著作権登録のすすめ
  6. 模倣品対策は特許よりも実用新案と意匠がいい
  7. 商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由
  8. 「Made in Japan」を表示するだけで中国で模倣品対策ができる 「Made in Japan」を表示するだけで中国で模倣品対策が…
PAGE TOP