ブログ

中国の特許出願が増えるほど日本の特許が潰れやすくなる

中国の特許出願が増えれるほど日本の特許が潰れやすくなる

長い時間と多くの費用をかけて、ようやく特許権が与えられた発明ですが、この権利は、いつ潰れるかもしれない、という地雷を抱えています。

特許庁に出願された発明は、先行技術にもとづいて、特許庁の審査官が入念に審査を行います。

審査官が先行技術として調査する資料は、ほとんどが特許庁のデータベースに蓄積されている特許文献です。

 

ところが先行技術として調査しなければならない資料は、特許文献だけではありません。

特許文献の他にも、マニュアルやパンフレットがあります。

マニュアルやパンフレットは、特許文献に比べて検索し難いため、どうしても調査に漏れがでてきます。

 

調査し難いマニュアルやパンフレットの他に、最近では中国語の文献が、これに加わりました。

今や中国で出願される特許や実用新案の件数は、日本やアメリカを抜いて世界一です。

英語やドイツ語の文献にアクセスできる審査官はいても、中国語の文献にアクセスできる審査官はほとんどいません。

 

中国語の文献こそが、いま日本の特許庁審査官を悩ましている資料なのです。

中国語の文献は、今後も増え続けていくので、調査の漏れは、ますます多くなります。

中国の特許出願や実用新案出願が増えれば増えるほど、日本の特許が潰れやすくなります。

関連記事

  1. 経済の悪化で知財訴訟が増える中国 経済の悪化で知財訴訟が増える中国
  2. 自分の名前以外の会社名を使うなら必ず商標登録をしておく 会社名の商標登録は必要か?自分の名前以外なら登録をしておく
  3. 香港で商標を登録するときに利用したい便利なサービス 香港で商標を登録するときに利用したい便利なサービス
  4. 商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由 商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由
  5. 著作権侵害になるかもしれないコスプレ衣装の自作 あなたは大丈夫で…
  6. 店舗の外観デザインを保護するトレードドレスに注目
  7. 香港の商標は繁体字だけでなく簡体字も忘れずに 香港の商標は繁体字だけでなく簡体字も忘れずに
  8. 真の著作権者は誰にも分からない 真の著作権者は誰にも分からない
PAGE TOP