ブログ

中国に化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく

中国へ化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく

中国に化粧品や薬品を輸入するときは国家食品薬品監督管理総局(CFDA)が発行する輸入化粧品衛生許可証を取得する必要があります。

輸入化粧品衛生許可申請をするときは製品の漢字の中国語名を決めなければなりません。

製品の名称は一度決めたら変えることはできません。

変える場合は、再度、CFDAへの申請が必要なので、製品名は慎重に決める必要があります。

 

中国語の製品名を決めるときに注意しなければならないことは、すでに登録されている商標と同一または類似の製品名ではないことを確認しておくことです。

CFDAは商標権との抵触は審査しません。

すでに登録されている商標と同一または類似の製品名を申請しても、CFDAは他の審査に問題がなければ許可証を発行します。

 

CFDAが発行する許可証に基づいて、製品を中国へ輸入することができるのですが、もし輸入する製品の製品名がすでに登録されている商標と同一または類似の場合は、商標権の侵害に該当するので通関することはできません。

この場合は、製品名を変えて、再度、CFDAへ申請しなければなりません。

 

中国で商標登録するまでに必要な期間は約1年です。

中国に化粧品や薬品を輸入する場合は、製品名で使う中国語名を事前に商標登録しておき、商標上の問題がない製品名をCFDAへ申請した方が安心です。

 

 

 

 

関連記事

  1. 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録 中国商標だけでは足りない日本の地域ブランド登録
  2. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  3. 登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策 登録商標と同じ商標を使うことが模倣品対策
  4. 「ジェネリック家具」にさせないための工夫 「ジェネリック家具」にさせないための工夫
  5. 中国で特許を出願するときは部品の意匠も出願しておく 中国で特許を出願するときは部品の意匠も出願しておく
  6. 提携・合併解消を視野に入れた中国知財戦略
  7. 「電車の音」に著作権?創作とは無関係なもう一つの著作権
  8. 百度文庫 百度文庫にあなたの会社の機密文書が流出しているかもしれない

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP