ブログ

中国企業との契約では仲裁解決を期待してはいけない

中国企業との契約では仲裁解決を期待してはいけない

中国企業との取引契約では、紛争解決手段として裁判ではなく仲裁を選択するのが一般的です。

その場合、仲裁機関として日本又は中国ではなく、第三国の仲裁機関を選択するケースがあります。

中国以外の外国の仲裁機関が判断した結果を中国で執行する場合は、中国の裁判所の承認が必要になります(中国民事訴訟法第267条)。

 

紛争解決手段として中国以外を選択したにもかかわらず、最終的には中国の裁判所の承認を得なければなりません。

これでは紛争解決手段として中国の裁判所を選択した場合と変わりません。

中国企業が不利になるような仲裁判断の執行を承認しないことも想定しておく必要があります。

 

契約書が機能しないとなれば、対世効がある知的財産権が頼りになります。

中国で商標権や特許権を取得していれば、契約書が機能しなくても、特許権の侵害や商標権の侵害として、中国企業に対抗することができます。

追記

2016年7月に下された南シナ海裁定に対して中国は仲裁裁判所の判断を無視する行動にでました。

国家が第三者機関の判断に従わない姿勢を貫くことで、企業も第三者機関の判断を無視してよいという雰囲気が醸成されます。

ほとんどが国有化されている中国の企業ですから、そのような企業が国家の意に反するような第三者機関の判断に従うことは固よりできないわけです。

関連記事

  1. 海外製iPhoneを日本のアップルストアが修理する独占禁止法上の…
  2. 著作権法に干渉されたくなければ契約を
  3. 出国禁止措置とパスポート返納命令
  4. 経済の悪化で知財訴訟が増える中国 経済の悪化で知財訴訟が増える中国
  5. 特許権の共有は慎重に 特許権の共有は慎重に
  6. 中国税関が個人輸入を狙い撃ち 中国税関が個人輸入を狙い撃ち
  7. ニセモノと知らないで仕入れた商品を売ったらどうなるの?
  8. 論文発表よりも先に特許出願 世界特許を目指すなら論文発表よりも先に特許出願

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP