ブログ

中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分

中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分

中国のインターネット人口は6.68億人(2015年6月時点)を超えましたが、これでも普及率は半分に届いていません。

日本のように普及率が80%に届いた場合、中国のインターネット人口は12億人にまで膨れ上がります。

巨大なインターネット人口を背景にインターネット上のモールで商品を販売するサービスが急成長しています。

 

製造拠点から消費拠点に発展した中国において、消費サービスに不可欠なインターネットサービス区分で商標を登録している企業が少ないのが気になります。

 

中国では、2015年現在、日本のように小売等役務を指定して商標を登録することはできません。

しかし小売等役務に相当する35類にはすでに類似群が用意されています。

そしてすでにその区分を指定して商標を登録している企業が存在します。

 

小売等役務の指定が可能になってから商標登録出願しても、その区分にすでに第三者の商標登録が存在している可能性があります。

 

中国では化粧品や衣類といった商品商標だけではなく、小売等役務を指定した商標登録が可能になる前の今のうちから、小売等役務区分である35類についても商標登録をしておく方が安心です。

関連記事

  1. 商標が商標でなくなるとき。商標の普通名称化に注意。 商標が商標でなくなるとき。商標の普通名称化に注意。
  2. 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録 国内回帰で日本でも中国名漢字商標を登録
  3. 真の著作権者は誰にも分からない 真の著作権者は誰にも分からない
  4. 中国商標調査 簡単にできる中国商標の調査
  5. 「電車の音」に著作権?創作とは無関係なもう一つの著作権
  6. 「文字+図形」商標の拒絶リスクは組み合わせた数に比例する
  7. 2017年にマドプロ加盟するタイへの商標登録 2017年にマドプロ加盟するタイへの商標登録
  8. 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない 発明とは既存の要素の新しい組み合せ以外の何ものでもない

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP