ブログ

中国商標にマドプロを使わない3つの理由

中国商標にマドプロを使わない3つの理由

外国で商標を登録するときに利用されるマドプロ。

マドプロを経由して中国で商標を登録することもできますが、マドプロを経由することのデメリットを3つ紹介します。

 

1.商標登録証が発行されない

2.指定商品が意図した商品と違う

3.中国で商標代理人がいない

 

1.マドプロを経由して商標登録されると商標登録証が発行されません。

商標登録証がなくても商標登録されていれば実務上の問題は発生しない、というのは日本の感覚です。

 

中国では商標権にもとづいてアクションを起こそうとする場合は必ず商標登録証の写しが必要になります(登録番号だけでは不十分です)。

商標権に基づいて他社へ警告状を送付するような権利行使はもちろん、通関のときに税関職員に正規品であることを説明するときも商標登録証が必要です。

タオバオ等のネットショップで販売するときも正規品であることを証明するために商標登録証が必要です。

中国企業と取引契約を締結するときも商標登録証の写しが要求されます。

 

マドプロを経由せずに中国へ直接出願すれば商標登録証は自動的に発行されますが、マドプロ経由の場合は「马德里国际商标出具商标注册证明申请书」により商標登録症の発行を申請しなければなりません。

商標登録までは中国の商標代理人を経由せずに手続きをすすめることができても、商標登録証を発行する手続きで中国の商法代理人が必要になります。

そして登録症の発行には時間と政府費用と代理人費用がかかります。

 

2.指定商品や指定役務が日本で登録されている内容と違う

日本と中国では指定商品や指定役務の内容が一致していません。

マドプロを経由せずに中国に直接出願するときは、中国の指定商品・指定役務リストに記載されている商品名・役務名を記載します。

 

マドプロを経由して中国に出願すると、中国の指定商品・指定役務リストに記載されていない商品名・役務名で登録されることがあります。

商品・役務リストに記載されていない商品名・役務名で登録された商標権は、特に権利行使のときに問題がおこります。

警告状を送付するなどして権利行使をするときは、相手が製造販売している商品が商標登録証に記載された商品・役務であることを主張します。

 

商標登録証に記載されている商品・役務が中国の商品・役務リストに記載された商品名・役務名と一致していないと、権利行使は難しい場合があります。

商標権侵害事件を扱う工商局は裁判所と違い商品・役務の内容を商標登録証の記載に基づいて形式的に判断するからです。

 

3.必要なときに商標代理人がみつからない

マドプロ経由で中国へ出願するときは中国の商標代理人を選任する必要がありません。

審査で問題がなければ中国の商標代理人が必要になることはありません。

中国の商標代理人を経由せずに商標登録できます。

 

しかし審査の段階で手続きが必要になったとき、商標登録証の発行を申請するときなど、商標代理人が必要になったとき、商標代理人が引き受けてくれるとは限りません。

中国の商標出願件数は世界一です。

優秀な商標代理人は人気があり、国内はもとより海外からも争奪合戦があります。

 

優秀な商標代理人が足りない状況では、かりに引き受けてくれたとしてもマドプロを経由せずに中国の商標代理人を経由して出願したときの料金と同じということはありません。

必要なとき商標代理人がみつからないという状態は、特に期限が迫っているときには注意です。

中途で受任してくれる商標代理を早急に見つけなければならないという切羽詰まった状況は、料金交渉を含めて出願人・権利者にとって不利益を及ぼします。

 

外国に商標登録するときに便利なマドプロですが、中国だけはマドプロを使わないという方法もあります。

関連記事

  1. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  2. 百度文庫 百度文庫にあなたの会社の機密文書が流出しているかもしれない
  3. 米国著作権登録でライセンス収入を得る方法
  4. 中国と日本の商標登録出願を比較 中国と日本の商標登録出願を比較
  5. 中国 中国商標侵害の賠償金が300万元(約4800万円)に引き上げられ…
  6. 区分の制限を受けない著作物を商標のように使う 区分の制限を受けない著作物を商標のように使う
  7. 70年前の著作権を相続しているかもしれない
  8. 海外進出に意匠をすすめる理由

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP