Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

中国商標出願するときの指定商品は必ず2つ以上

Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

 

中国で商標出願するときに指定する商品の数は必ず2つ以上にします。

中国の商標審査は指定した商品の一部に拒絶理由があっても日本のように出願全体を拒絶するわけではありません。

拒絶理由がある指定商品だけを拒絶し、その他の指定商品については登録します。

 

もし一つしか商品を指定しておらず、そしてその商品に拒絶理由があると、登録できる商品が存在しない出願になってしまいます。

中国の商標料金は、出願料に10年分の登録料を含んでいます。

登録できる商品がない出願だからといって登録料が戻ってくることはありません。

 

なお指定する商品の数が10を超えると超過料金が発生するので、実務上、出願時に指定する商品の数は2から10です。

 

 

関連記事

  1. 「ジェネリック家具」にさせないための工夫 「ジェネリック家具」にさせないための工夫
  2. 取扱説明書・仕様書のコピーを著作権で守る方法 取扱説明書・仕様書に著作権はあるの?大事な情報を著作権で守るため…
  3. 店舗の外観デザインを保護するトレードドレスに注目
  4. 知らなかったでは済まない商標権侵害と知らなかったら侵害にならない著作権 知らなかったでは済まない商標権侵害と知らなかったら侵害にならない…
  5. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  6. 音の商標 中国で音の商標登録ができます
  7. 中国商標改正法の影響。異議不成立のリスク 中国商標法改正の影響。異議不成立のリスク
  8. 著作権侵害を回避する最も確実な方法
PAGE TOP