Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

中国行きが決まったら日本でVPNを設定しておく

中国行きが決まったら日本でVPNを設定しておく

Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

中国のインターネット環境が年々厳しくなっています。

数年前ならアクセスが規制されているサービスはYouTubeやFacebookに限られ、google関連サービスも頻繁に遮断されるものの短時間ならアクセスできました。

ところが最近ではグーグル関連のサービスは完全に遮断されてしまい、規制の対象はYahoo関連サービスや他のウェブサービスにも拡がっています。

 

中国へ行ってインターネットが遮断されると、初めてことの重大さに気づきます。

慌ててVPNを設定しようとしてもVPNサービスを提供するサイトにアクセスできない場合や、認証情報が送られてくるEメールを受信できない場合があるので、VPNは日本にいる間に設定しておいた方が確実です。

多くのVPNサービスが提供されていますが、VPNサービスを選ぶ場合は次の3つを注意してください。

 

有料サービスであること。

VPNサーバが規制の対象になっていて頻繁に遮断されますが、有料サービスであればサーバが規制されても短時間で復旧します。

 

日本語が用意されていること。

VPNの設定はそれほど難しくはありませんが、それでも日本語が用意されているVPNサービスを選んだ方が安心です。

 

1つのアカウントで複数の端末にVPNを設定できること。

パソコンの他に携帯端末にもVPNを設定する場合に経済的です。

 

さらに複数の端末から同時にVPNサービスを利用できる方が便利です。

 

VPNサービスは1つだけではなく複数設定しておいた方が安心です。

複数のVPNサービスが同時に遮断される可能性は低いので、予備のVPNサービスを用意しておいた方がよいでしょう。

 

これまで使用してきたVPNサービスのなかで安定していたのは次の2つです。

12

Astrill

関連記事

  1. ドメインネーム 商標権者が優先してドメインネームを登録できます
  2. 中国でウェブサイト運営 中国でウェブサイトを運営する場合の留意点
  3. 中国と日本の商標登録出願を比較 中国と日本の商標登録出願を比較
  4. 海外のデザイナーにロゴをデザインしてもらう
  5. 数量制限に違反して中国でOEM生産された商品が日本に輸入されてしまった 中国でOEM生産。数量制限に違反して生産された商品が日本に輸入
  6. 中国で国際決済
  7. 中国の特許出願が増えれるほど日本の特許が潰れやすくなる 中国の特許出願が増えるほど日本の特許が潰れやすくなる
  8. 国境のないクラウドサービスを知的財産で守る 国境のないクラウドサービスを知的財産権で守る
PAGE TOP