ブログ

人の顔にも著作権

人の顔にも著作権

人の顔は著作権ではなく肖像権で保護されています。

著作物であるためには創作的に表現されている必要があるのですが、人の顔は創作的に表現されたものではないからです。

 

しかし現在では創作的に表現した顔も多く存在します。

意図的に創作した顔、すなわち整形した顔です。

 

人体に表現したものだからという理由で顔の著作物性を否定することはできません。

入れ墨著作権事件(東京地判平成23年7月29 平成21年(ワ)第31755号)では、人体に描いた入れ墨の著作物性を肯定しています。

 

顔に著作権が認められると著作権は整形をした医師に帰属します。

自分の顔であっても迂闊に外を歩けば公表権の侵害となり、証明写真を撮れば複製権の侵害になり、もしかしたら老化により顔の一部が変わってしまえば同一性保持権の侵害となって、整形した医師から著作権侵害で訴えられてしまうかもしれません。

 

これからの時代、整形をしたら著作権の譲渡と著作者人格権の不行使の契約をしておいた方がいいかもしれません。

関連記事

  1. 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の責任 従業者が商標権を侵害したときの個人事業主の罪
  2. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  3. ビートルズの曲を路上で演奏すると何が問題なのか ビートルズの曲を路上で演奏すると何が問題なのか
  4. 自分の名前以外の会社名を使うなら必ず商標登録をしておく 会社名の商標登録は必要か?自分の名前以外なら登録をしておく
  5. 「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟 「ダイソー」と「ダサソー」の商標権侵害訴訟
  6. 中国で模倣品を放置しておくことのリスク 中国で模倣品を放置しておくことのリスク
  7. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ
  8. 模倣品業者が気にする中国税関登録物品 模倣品業者が気にする中国税関登録物品

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP