ブログ

代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法

国際商標登録(マドプロ)は現地の代理人を介さずに手続きすることができますが、拒絶理由が通知された場合は、現地の代理人を介して手続きを行うのが原則です。

ところが米国の場合、現地代理人を介さずに直接USPTO(米国特許商標庁)に対して手続きを行うことができます。

商標電子出願システム(TEAS)にアクセスし、暫定的拒絶の通報に記載されている米国出願番号(U.S. APPLICATION SERIAL NO.)を入力し、拒絶理由を解消するための必要書面書面をアップロードするだけです。

複雑な手続きについては現地代理人のアドバイスを必要とするかもしれませんが、簡単な手続きであればTEASにアクセスして自分で対応することができます。

米国の代理人を直接依頼したい場合は、米国法曹協会に登録されているデータベースにアクセスしてみると良いでしょう。

なお、USPTOに設けられているTrademark Assistance Centerは、出願人からの質問に応えるサービスを提供しています。

8桁の米国出願番号を通知してメール(TrademarkAssistanceCenter@uspto.gov)または電話(571-272-9250 and press ”0”)で問い合わせることができます。

関連記事

  1. ビートルズの曲を路上で演奏すると何が問題なのか ビートルズの曲を路上で演奏すると何が問題なのか
  2. 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ 「応用美術」を活用して中国企業のデザイン盗用を防ぐ
  3. 誰でも個人輸入ができる時代に知的財産権法が追いつかない現実 個人輸入なら大丈夫は本当か?知的財産権法の欠点
  4. 著作権の中国税関登録は費用効果が高い模倣品対策 著作権の中国税関登録は費用効果が高い模倣品対策
  5. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  6. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。 インターネット時代のネーミングを考える
  7. 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「キャンパスノート」 立体商標の「ジャポニカ学習帳」と意匠の「キャンパスノート」
  8. 著作権侵害は誰にとって悪なのか
PAGE TOP