Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

出国禁止措置とパスポート返納命令


Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

領事館に行くとパスポート返納命令が通知されたことを掲示しているときがあります。

公示送達の手続きとして領事館にも通知の内容が掲示されるのですが、この掲示を見てパスポートを返納する日本人がいるのだろうかと思います。

 

さて、中国では労働賃金不払いや、金銭の貸し借りのような債務不履行で民事訴訟が起こされると、支払いが実行されるまで出国禁止を講じることがあります。

企業経営をしている人であれば出国禁止措置を講じられた経験がある人も少ないでしょう。

 

 

では出国禁止措置が講じられている状態で、本国からパスポート返納命令が出されたらどうなるのでしょう。

渡航中の日本人にとって命の次に大切なモノがパスポートです。

そのパスポートを返納させるのがパスポート返納命令、それは海外に滞在することができないことを意味します。

渡航中にパスポートを領事官に返納した時点でパスポート不所持となり強制退去の対象になります。

 

渡航先の出国禁止措置と本国のパスポート返納命令に因るパスポート不所持(強制退去)では、出国禁止措置の方が優先されることは容易に想像がつきます。

出国禁止措置が出ている状態でパスポート返納命令(強制退去)を優先させたら、渡航先で法を犯した者であっても本国からの意図的なパスポート返納命令により、犯罪者を国外へ脱出させることが可能だからです。

 

出国禁止措置と聞くと重大なことのように思うかもしれませんが、出国できないというだけで日常生活には何の不便もありません。

出国禁止措置が解かれて国外退去になることを好まない人がいても不思議ではありません。

関連記事

  1. 性善説・性悪説に頼らない中国との付き合い方
  2. 中国から回収した利益を留保する香港シンガポールの活用方法 中国から回収した利益を留保する香港シンガポールの活用方法
  3. 中国ビジネスのリスクは独占禁止法 中国ビジネスのリスクは独占禁止法
  4. 自分が著作権者であることを証明できますか? 自分が著作権者であることを証明できますか?
  5. 秘密の内容を特定していない守秘義務契約は役に立たない
  6. 似ているの判断が難しい知的財産権の世界 「似ている」の判断が難しい知的財産権の世界
  7. 中国ライセンス契約 他人の著作物を引用するときの大事なルール
  8. 日本の企業名が中国で登記されてしまうリスク 日本の企業名が中国で登記されてしまうリスク
PAGE TOP