ブログ

同じデザインを使い続けると最強のブランドを手に入れることができる

製品の機能を改良し続けることは必要ですが、デザインは新しさを求めずに同じ形を使い続けることが大事です。

累積的に進歩する技術に対して20年程度の周期で繰り返すのがデザインです。

20年前の技術が良いということはありませんが、20年前のデザインが斬新ということはよくあることです。

 

であるならばデザインは変えずに製品の機能のみを進化させれば良いという結論にたどり着きます。

 

知的財産という側面から見ても同じデザインを使い続けることのメリットを見出すことができます。

同じデザインを使い続けていくと、製品のデザインそのものがブランドになります。

エルメスのバーキン、メルセデスのフロントグリル、コカコーラの瓶など、デザインを見ただけで製品の出所がわかります。

製品の出所がわかるほどまでに確立されたデザインに対して、現在の知財制度は、立体商標という最強の武器を与えています。

立体商標が最強の武器である理由は、権利が半永久的に存続するからです。

立体商標以外の特許や意匠は有効期限があるのに対して、商標は更新により半永久的に存続させることができます。

そのなかでも立体商標は、登録審査が極めて難しく、現在、日本で登録されている立体商標は、不二家の「ペコちゃん」人形、乳酸菌飲料「ヤクルト」の容器、ホンダの「スーパーカブ」など、数えるほどしかありません。

いずれのデザインも一見しただけで出所がわかる製品です。

関連記事

  1. 現地に特許がないなら技術供与をしてはいけない
  2. タイムスタンプ 中国で製造していた金型。突然、意匠権侵害!タイムスタンプの活用。…
  3. パソコンでできる簡単な商標調査 パソコンでできる簡単な商標調査
  4. 著作権契約と権原保証
  5. 公開されるのが嫌なら秘密にできる意匠登録出願を利用しよう
  6. インドネシアでも立体商標 インドネシアでも立体商標
  7. 社会通念上の「公衆」と著作権法上の「公衆」の違いを解説します
  8. 商標登録は将来の事業展開を考えて区分を決める 商標登録は将来の事業展開を考えて区分を決める。

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP