ブログ

商標が有名になると類似範囲が狭くなる不思議

商標が有名になると類似範囲は狭くなる不思議

前回、「商標が類似するかどうかを判断することは、商品の出所を混同するかどうか、を判断すること」という講義をしました。

そして、その結果、「商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない」という結論に至りました。

 

今回は、商標の類否について、取引の現場で実際に起きていることを取り上げてみます。

商標の周知著名度が高くなると、商標の類似範囲が拡大していく、と考える方が多いと思います。

その結果、周知著名商標に似ている商標がついた商品は、全て周知著名商標がついた商品と出所の混同が生じる、と考えると思います。

 

ところが、実際には、商標の周知著名程度が高くなると、商標の類似範囲が狭くなる、という現象が起こります。

 

商標が余りに周知著名になってしまうと、人は商標の細部まで正確に記憶します。

その結果、商標の細部の少しの違いにも気づいてしまい、2つの商標が別の商標だと識別できてしまいます。

 

丁度、宝石鑑定士が、兎の毛程の違いをも識別できるのに似ています。

宝石鑑定士は、常にホンモノに接しいるため、少しの違いでも識別できる目利き力を身につけています。

 

商標が有名になればなるほど、たとえ「外観・称呼・観念」が類似していても、実際の取引の現場では商品の出所の混同を生じない、という現象が起こります。

 

本来であれば周知著名度が高い商標の保護範囲を拡大したいところですが、「出所混同」に拘っている限り、周知著名商標の保護範囲を拡大することは難しくなります。

関連記事

  1. 中国語ネーミング開発 ”しまむら”に学ぶ中国語のネーミング
  2. 開放された特許は本当に自由に使えるのか 開放された特許は本当に自由に使えるのか
  3. 区分の制限を受けない著作物を商標のように使う 区分の制限を受けない著作物を商標のように使う
  4. 商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない 商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない
  5. 人の顔にも著作権 人の顔にも著作権
  6. 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法
  7. 国境のないクラウドサービスを知的財産で守る 国境のないクラウドサービスを知的財産権で守る
  8. 模倣をビジネスに取り込む 模倣をビジネスに取り込む

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP