Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

ブログ

商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない

商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない

Warning: _delete_empty_element(): Argument #1 ($element) must be passed by reference, value given in /home/tanakalt/tanaka.law/public_html/wp-content/plugins/simple-tags/inc/class.client.autolinks.php on line 208

商標が類似するかどうかを判断することは、商品の出所を混同するかどうか、を判断することです。

例えば、AAというネーミングの牛乳と、BBというネーミングの牛乳をスーパーの店頭に並べたとします。

AAというネーミングの牛乳を買いに来た人が、間違ってBBというネーミングの牛乳を買ってしまうほどに、AAとBBが似ていると、2つの商標は類似する、と判断します。

 

商品の出所を混同するかどうかを判断するためには、牛乳の例のように、実際に、対比される商標をつけた2つの商品を、それぞれスーパーのような取引の現場においてみないと分かりません。

 

それでは面倒なので、出所を混同するかどうかを、形式的に判断できる基準を作っています。

対比される商標の「・称呼・観念」が類似する場合に、出所を混同すると、判断する方法です。

この方法によれば、実際に、商品を取引の現場におかなくても、形式的に「出所混同」を判断することができます。

 

ただし、外観・称呼・観念の類似で出所混同を判断する方法は、あくまで形式的に過ぎません。

したがって、仮に外観等が似ていても、実際の取引の現場では、出所混同しない、ということも十分にあり得ます。

 

出所混同しなければ、商標が類似する、と判断することはできないので、商標権を侵害する、ことにはなりません。

関連記事

  1. 創業商標出願支援 創業を思い立ったら知財対策を始める
  2. 特許紛争解決で仲裁解決が不利になる場合とは 特許紛争解決で仲裁解決が不利になる場合とは
  3. 「店舗外観」を守ってくれる知的財産権
  4. 誰でも個人輸入ができる時代に知的財産権法が追いつかない現実 個人輸入なら大丈夫は本当か?知的財産権法の欠点
  5. 中国へ化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく 中国に化粧品を輸入するときは中国名を商標登録しておく
  6. 「光」の意匠に注目 「光」の意匠に注目
  7. ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由 デザインが同じでも著作権を侵害しない理由
  8. 絵で見る中国の知財パワーの凄まじさ
PAGE TOP