ブログ

商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない

商標の外観が似ていても商標権を侵害するとは限らない

商標が類似するかどうかを判断することは、商品の出所を混同するかどうか、を判断することです。

例えば、AAというネーミングの牛乳と、BBというネーミングの牛乳をスーパーの店頭に並べたとします。

AAというネーミングの牛乳を買いに来た人が、間違ってBBというネーミングの牛乳を買ってしまうほどに、AAとBBが似ていると、2つの商標は類似する、と判断します。

 

商品の出所を混同するかどうかを判断するためには、牛乳の例のように、実際に、対比される商標をつけた2つの商品を、それぞれスーパーのような取引の現場においてみないと分かりません。

 

それでは面倒なので、出所を混同するかどうかを、形式的に判断できる基準を作っています。

対比される商標の「・称呼・観念」が類似する場合に、出所を混同すると、判断する方法です。

この方法によれば、実際に、商品を取引の現場におかなくても、形式的に「出所混同」を判断することができます。

 

ただし、外観・称呼・観念の類似で出所混同を判断する方法は、あくまで形式的に過ぎません。

したがって、仮に外観等が似ていても、実際の取引の現場では、出所混同しない、ということも十分にあり得ます。

 

出所混同しなければ、商標が類似する、と判断することはできないので、商標権を侵害する、ことにはなりません。

関連記事

  1. 「ジェネリック家具」にさせないための工夫 「ジェネリック家具」にさせないための工夫
  2. 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法 中国のタオバオで模倣品が販売されていたときの対処法
  3. 先使用権の主張は侵害を認めたのと同じこと 先使用権の主張は侵害を認めたのと同じこと
  4. 同じデザインを使い続けると最強のブランドを手に入れることができる…
  5. 著作権侵害を回避する最も確実な方法
  6. 取扱説明書・仕様書のコピーを著作権で守る方法 取扱説明書・仕様書に著作権はあるの?大事な情報を著作権で守るため…
  7. 商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由
  8. 著作権の中国税関登録は費用効果が高い模倣品対策 著作権の中国税関登録は費用効果が高い模倣品対策
PAGE TOP