ブログ

商標を使えば商品の価格を上げることができる

商標を使えば商品の価格を上げることができる

ブランドの有無で商品の価格をコントロールすることができます。

商品から商標というブランドを取り払ったノーブランド商品は商標というブランドがないだけで商品自体の中身は同じです。

 

商品の価格を下げるために使われているノーブランド化という手法の逆を行けば、商品の中身は同じでも商品の価格を上げることができます。

価格を上げたい商品に商標というブランドがついていなければ、商品に商標というブランドを付けます。

価格を上げたい商品にすでに商標というブランドがついているならば、そのブランドとは違うブランドを商品に付けます。

 

商品の価格を上げるために商品自体の品質を上げたり、商品に新しい機能を加えたりするこれまでの商品開発も大切です。

しかし商標というブランドを利用すれば、これまでの商品開発とは違った方法で商品の価格をコントロールすることができます。

 

ブランドには人々に安心感をもたらすという効果があります。

ブランドの有無で商品を選ぶ人が少なくなったとはいえ、ブランドがない商品よりもブランドがある商品を選ぶ人は必ずいます。

関連記事

  1. 中国では意匠も要注意です
  2. 商標のプレスリリースは時期に注意 商標のプレスリリースは時期に注意
  3. 現地に特許がないなら技術供与をしてはいけない
  4. アジアの商標登録出願料金を比較 アジアの商標登録出願料金を比較
  5. 中国の特許出願が増えれるほど日本の特許が潰れやすくなる 中国の特許出願が増えるほど日本の特許が潰れやすくなる
  6. 模倣品業者が気にする中国税関登録物品 模倣品業者が気にする中国税関登録物品
  7. 「電車の音」に著作権?創作とは無関係なもう一つの著作権
  8. 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意匠権で保護 「美味しさ」の模倣は難しくても「見た目」の模倣が簡単な食品こそ意…

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP