ブログ

商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由

商標権侵害の警告に対して先使用権の主張が危険な理由

未登録の状態で商標を使い続ける理由の一つに、これまで長い間、商標を使い続けているから、商標権侵害を警告されても先使用権を理由に救済される、というものです。


たしかに先使用権は、第三者の商標登録出願前から使用していること等を条件に認められる救済事由ですが、先使用権の主張は抗弁事由であることに注意が必要です。


抗弁事由とは、上記の場合で言えば、自己の商標の使用が相手の商標権に抵触するが、商標法上認めれている先使用権により第三者の商標権の侵害は成立しない、ことを内容とするものです。

先使用を主張することにより、自己の商標の使用が相手の商標権に抵触することを認めることを意味するので、商標権侵害の警告に対して先使用権を主張する場合は要注意です。

さらに先使用権の存在を主張していたにも関わらず、後日になって、自己の商標の使用が相手の商標権に抵触しないことを主張したりすれば、今度は包袋禁反言の原則に反することも考慮しなければなりません。

商標権に関わらず知的財産権侵害の警告があった場合は、まずは相手が主張する権利侵害を否認する否認事由の有無を検討することが大切です。

関連記事

  1. 謄本閲覧禁止の年金納付状況はESPACENETで調べることができる 謄本閲覧禁止の年金納付状況はESPACENETで調べることができ…
  2. 著作権侵害は誰にとって悪なのか
  3. マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法 マドプロ商標、更新期限が過ぎたあとに復活させる方法
  4. 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできません 設計図を無断で使用して生産された製品を著作権で守ることはできませ…
  5. 中国で模倣品を放置しておくことのリスク 中国で模倣品を放置しておくことのリスク
  6. 中国知財法務 中国から利益を回収する知的財産の活用方法
  7. デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるのはどっち? デザイン学校の生徒が製作した洋服とユニクロの洋服。著作権があるの…
  8. 外国出願 東南アジアの商標制度のまとめ

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP