ブログ

国境のないクラウドサービスを知的財産権で守る

国境のないクラウドサービスを知的財産で守る

クラウドサービスは日本だけではなく海外からもアクセスできるという国境を越えたサービスです。

もし新しいクラウドシステムを開発した場合、その知的財産を守るためには日本だけでは不十分です。

知的財産を守るための法律には国境があり、国外には法律は及びません。

ところがインターネットの世界には国境はありません。

せっかく開発したクラウドサービスが海外で第三者に使われても日本の法律で海外の無断使用を止めさせることはできません。

 

では具体的に説明しましょう。

 

まず、サーバが設置されている国で知的財産権を取得しましょう。

クラウドサービスを実現するプログラムが記憶されているサーバを差し押さえるためには、サーバが設置されている国で権利が必要です。

サーバが設置されている国は日本とは限りません。

地震や停電でサーバが停止することがないよう最近ではシンガポールにサーバを設置する場合があります。

 

次に、ユーザがいる国で知的財産権を取得しましょう。

ユーザは日本に住んでいるとは限りません。

海外から利用できるのがクラウドサービスの良いところです。

 

最後に、特許権だけでなく意匠権も利用しましょう。

クラウドサービスを実行するためのプログラムは特許法で保護されます。

クラウドサービスを実行するユーザインターフェースのデザインは意匠法で保護されます。

最近のシステムはユーザインターフェースを工夫してユーザの使い勝手を向上させたり、視覚的に斬新なデザインを採用して競合他社のシステムと差別化を図っています。

特許権を取得することに比べれば簡単な手続きで取得できる意匠権は、複数の国で手続きをする場合に適していると言えます。

また特許権は常に技術的な理解や言葉の解釈が問題になりますが、意匠権は外観で判断できることから、海外でトラブルが発生した場合でも、当事者の意見の食い違いが少ないというメリットがあります。

 

今後ますます増えていくクラウドサービス、日本だけではなく海外での知的財産も活用して競合他社とのトラブルを防ぎましょう。

関連記事

  1. SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している SONYだけでは不十分、SONNYもSONEYも商標登録している…
  2. 新元号の商標登録可能性について解説します
  3. 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない 「特許出願するとノウハウが開示されてしまう」ことはない
  4. 海外進出に意匠をすすめる理由
  5. 商標のプレスリリースは時期に注意 商標のプレスリリースは時期に注意
  6. 中国で立体商標を登録するメリット 立体商標と意匠。中国で立体商標を登録するメリット
  7. 中国で模倣されている店舗の外観は商標で守れるのか
  8. 「店舗外観」を守ってくれる知的財産権

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP