ブログ

地理的表示を活用して中国で模倣されている日本ブランドを守る

地理的表示を活用して中国で模倣されている日本ブランドを守る

ようやく日本でも2015年6月1日から地理的表示(GI)による農水産物の保護が始まります。

商標制度とともに地域ブランドを保護する地理的表示保護制度ですが、商標制度とは違う点がいくつかあります。

大きな違いは不正使用に対する取り締まりの方法です。

 

不正使用に対して権利者が自ら対応しなければならない商標制度に対して、地理的表示保護制度は不正使用に対して行政が取り締まりを行ってくれます。

地理的表示登録をしておけば、権利者が訴訟を起こすことなく、不正使用者に対して行政がしっかりと取り締まりを行ってくれるのです。

 

日本では始まったばかりの地理的表示保護制度ですが、ブランド品が多い欧州を始め海外ではすでに保護制度が導入されています。

日本ブランドの不正使用が多い中国や韓国にも地理的表示による保護制度が導入されています。

近いうちに日本で登録された地理的表示食品が中国や韓国でもそのまま保護される相互保護の運用が開始される予定です。

中国や韓国で商標登録していない限り日本ブランドが保護されない商標制度とは大きく異なります。

 

地理的表示による日本と海外の相互保護が実現するまでの間は、日本の地理的表示食品を海外で登録しておくほうがよいでしょう。

海外の審査機関が日本の地理的表示の登録の可否を判断するのは難しいですが、すでに日本で地理的表示が登録されていれば、海外の審査機関の負担が減り日本の地理的表示が登録され易くなります。

関連記事

  1. なぜ中国は個人で商標を出願するのか なぜ中国は個人で商標を出願するのか
  2. 「文字+図形」商標の拒絶リスクは組み合わせた数に比例する
  3. 商標を使えば商品の価格を上げることができる 商標を使えば商品の価格を上げることができる
  4. 中国語ネーミング開発 ”しまむら”に学ぶ中国語のネーミング
  5. 簡単にできるUI類似デザイン検索 簡単にできるUI類似デザイン検索
  6. 中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要 中国商標権利者の住所や名義は一括変更が必要
  7. ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由 ロゴが同じでも著作権を侵害しない理由
  8. 米国著作権登録でライセンス収入を得る方法

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP