ブログ

契約書に書かないことのリスク

契約書に書かないことのリスク

契約内容を当事者の自由自治に委ねて国家は干渉しないという契約自由の原則は世界の共通ルールです。

当事者間で自由にルールを決めたければ契約書に書いておくだけで良いので至極合理的なルールです。

 

大事なことは、契約書に書いてあることは国家は干渉しないが、契約書に書いていないことは国家が干渉するということです。

契約書に書いていないことは、何も決めていない、ということではありません。

契約書で書いていない内容について国家が制定した法律が別途規定していれば、その法律に従わなければなりません。

 

例えば中国企業と日本企業との間で共同開発した発明について中国企業と日本企業の間で特許権を共有している場合、契約書に書くか書かないかで次のようなリスクが発生します。

 

日本の特許法は、共有特許の権利者は他の共有者の同意を得なければ他人に実施許諾することができないことを規定しています(特許法第73条第3項)。

契約書に共有特許権の実施許諾について何も書かなければ特許法73条が適用されます。

 

一方、中国の専利法は、共有特許権の共有者は単独で実施許諾することができることを規定しています(専利法第15条)。

契約書に共有特許権の実施許諾について何も書かれければ専利法第15条が適用されます。

 

同じ共有特許に係るルールでも中国と日本とでは全く違います。

 

契約書に何も書かない場合において、単独で実施許諾したい者は日本の特許法が障害になり目的を果たせません。

お互いの同意を得たうえで実施許諾をしたい者は中国の専利法が障害になり目的を果たせません。

 

契約書を起案するということは契約事項に関して知っておくだけでは足りません。

契約事項に関連する日本そして海外の法律がどのように規定しているかどうかを知らないと、いざ契約を履行しようとしたときに目的を果たすことができません。

関連記事

  1. 自分が著作権者であることを証明できますか? 自分が著作権者であることを証明できますか?
  2. 中国へ提出する文書には中国領事の認証が必要です。アポスティーユは使えません 中国へ提出する文書には中国領事の認証が必要です。アポスティーユは…
  3. 中国ソフト開発 納期の遅れは必ず起こる。中国ソフト開発は工程ごとの分割払いで
  4. 「疑義が生じた場合には双方が誠実に話し合う」契約書は役に立たない…
  5. 中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害 中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害
  6. 中国商標ライセンス契約で気をつけたい使用許諾する商品名 中国商標ライセンス契約で気をつけたい使用許諾する商品名 
  7. ニセモノと知らないで仕入れた商品を売ったらどうなるの?
  8. 本物そっくりのミニカーが自動車の意匠権の侵害になる欧州と侵害にな…

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP