差止めの申立てを継続する必要がなくなった場合は、書面(任意)により申立ての撤回を申出ることができます。