ブログ

店舗の外観デザインを保護するトレードドレスに注目

アップルストア、スターバックス、ユニクロなどの有名店舗の外観デザイン(商品の陳列、店舗内の色彩、什器の配置など)は、それを見ただけで他と識別することができます。

店舗の外観デザインに加えて、商品のパッケージ、従業員の制服デザイン、販売技術など、商品やサービスの総合的な印象を保護対象とするトレードデザインが今、注目されています。

例えば、アップルとサムソンのデザイン訴訟では、アップル製品の外観デザインはトレードドレスとして機能すると陪審員に認められました。

アップルは、トレードドレスの保護に積極的な企業の1つで、ガイドラインにもトレードドレスの重要性を謳っています。

またアップルストアの店舗外観については米国で商標が登録されています(米国登録商標第4277913号)。

Large

中国ではアップルストアの外観デザインや従業員の制服デザインを完全にコピーした偽アップルストアが中国政府に摘発されたことが話題になりました。

中国をはじめ日本でも、トレードドレスの保護についてはまだ消極的です。

しかしアメリカがトレードドレスの保護を積極的に進めていけば、いずれ他の国も追従していくことになります。

知的財産権は属地主義なので登録された国でしか効力は認められないのですが、トレードドレスがアメリカで商標登録されていれば、中国政府が摘発したようにアメリカ以外の国でもトレードドレスとして保護される可能性があります。

参考 「コメダ珈琲店」に似た店舗の使用差止め

関連記事

  1. ビジネスのトラブルは法律ではなく契約書で解決する
  2. 著作権が助けてくれた中国商標トラブル 著作権が助けてくれた中国商標トラブル
  3. 中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分 中国商標で必ず登録しておきたいインターネット通販区分
  4. 同じデザインを使い続けると最強のブランドを手に入れることができる…
  5. 中国で国際決済
  6. 秘密保持契約の契約期間を決めるときに考えておくこと 秘密保持契約の契約期間を決めるときに考えておくこと
  7. 社会通念上の「公衆」と著作権法上の「公衆」の違いを解説します
  8. 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP