ブログ

性善説・性悪説に頼らない中国との付き合い方

中国のことを語るうえで必ずと言っていいほど登場する「性悪説」という言葉。

居酒屋の会話であるなら良いのですが、ビジネスを進めていく上では何ら解決の緒にもなりません。

善・悪という相対的な人の価値観を頼りにビジネスをしている以上、そのビジネスは必ず失敗します。

国の内外にかかわらず、ある人にとって善であっても、別の人にとっては悪であり、人の内心にかかわるものは、どのような考えであっても自由であり、このことは日本人同士の取引であっても同じことです。

異なる価値観を持った人同士が取引をするときの拠り所になる契約ですが、契約ルール一つを定めるときでも、相手が守りたくなるようなルールをつくることが契約書の良し悪しを決めます。

こちらの都合でルールをきめても、それが守られなければ契約書はただの紙切れにすぎません。

相手が何を考えているのか、相手がどのようなことをしたいのか、ということを十分に研究し、ルールを守るとよいことがある、ルールを守らないと悪いことが起こる、というような相手が守りたくなるルールをつくることが必要です。

間違っても意識改革などいうマインドコントロールで自分の価値観を相手に押し付けてはいけません。

関連記事

  1. 罰則なしの「ザル契約」を交わしていませんか?
  2. 転売が禁止されている製品を売ったときの罪 転売が禁止されている製品を売ったときの罪
  3. 中国で商標やデザインを登録していない場合に第三者に摸倣された場合…
  4. UAE大使館で委任状の領事認証を申請する方法
  5. 中国でウェブサイト運営 中国でウェブサイトを運営する場合の留意点
  6. 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません 企画書や仕様書のアイデアは著作権では守れません
  7. 中国で商標権を侵害したときの賠償と制裁のまとめ 中国で商標権を侵害したときの賠償と制裁のまとめ
  8. 中国から回収した利益を留保する香港シンガポールの活用方法 中国から回収した利益を留保する香港シンガポールの活用方法

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP