ブログ

数字で見るチャイナプラスワンの出願状況

チャイナプラスワンとしてインドネシア・タイ・マレーシア・ベトナムへの進出が加速していますが、知的財産の出願件数も増えています。

これらの国では特許出願件数も多いのですが、意匠登録出願の件数も多いということです。

出願件数の30%〜40%が日本人で占められています。

特許を海外へ出願する場合の費用のうち翻訳が占める割合が高いのですが、図面を提出する意匠登録出願は「翻訳」という煩わしさがありません。

複数の国に特許出願すれば、その分だけ翻訳が必要になることを考えると、海外出願は意匠というのが最も費用対効果が高いと言えます。

(グラフは特許庁HP:特許行政年次報告書より抜粋)

 

インドネシア意匠出願件数

マレーシア意匠出願件数

タイ意匠出願件数

ベトナム意匠出願件数

関連記事

  1. 中国商標調査 簡単にできる中国商標の調査
  2. 壁に落書きするならミッキーよりファービー 壁に落書きするならミッキーよりファービー
  3. 家庭で太陽光発電して売電すると特許権侵害になる可能性 家庭で太陽光発電して売電すると特許権侵害になる可能性
  4. 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由 著作権を譲渡してもらったのに訴えられる理由
  5. 秘密情報の漏えいを確認する特許制度の利用方法
  6. 海外進出に意匠をすすめる理由
  7. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由
  8. 数量制限に違反して中国でOEM生産された商品が日本に輸入されてしまった 中国でOEM生産。数量制限に違反して生産された商品が日本に輸入

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP