ブログ

新元号の商標登録可能性について解説します

商標審査基準によれば、現元号は識別力がないという理由で商標登録できません。

審査基準は現元号について定めているだけなので、現元号以外の昭和、大正、明治は商標登録の可能性があるのは言うまでもなく、新元号も審査基準の射程外となり商標登録の可能性があることになります。

平成の元号が発表されたときと違い、新元号は平成の時代に発表される可能性があるので、発表と同時に出願すれば審査基準が定める現元号に該当せず、商標登録できる可能性があるのではないかという期待を抱くかもしれません。

 

ところが現元号に該当することを理由に識別力がないと判断する時期は出願時なく査定時であると定めています。

このため出願時には現元号に該当しない新元号であっても実際に審査を行い査定するときに新元号に移行していれば、出願した新元号は現元号に該当して拒絶されることになります。

結局、平成の時代に発表された新元号を平成の時代に出願しても、新元号に移行したあとで査定すれば、商標審査基準を適用して新元号の商標を拒絶することができます。

 

ここで「平成」の商標登録可能性について疑問を抱いた方がいるかもしれません。

現元号としての平成は識別力がないという理由で拒絶することが審査基準に定めれているわけですが、新元号に移行したあとの平成は最早現元号ではなく、商標登録の可能性がある昭和、大正、明治と同じ扱いになります。

平成の時代に出願した「平成」でも、査定をするときに新元号に移行していれば、商標登録の可能性があることになります。

 

追記

新しい審査基準により、新旧問わず元号は登録できないことが明記されました。

関連記事

  1. 模倣品業者が気にする中国税関登録物品 模倣品業者が気にする中国税関登録物品
  2. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ
  3. 中国商標法 中国商標法改正。複数の区分を纏めるデメリット
  4. 「店舗外観」を守ってくれる知的財産権
  5. スポーツ中継のパブリックビューイング、大画面テレビと著作権の微妙な関係 スポーツ中継のパブリックビューイング、大画面テレビと著作権の微妙…
  6. 漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要 漢字圏のシンガポール、商標も漢字が必要
  7. 中国保税区で製造したOEM製品を輸出する行為は商標権侵害にならな…
  8. 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由 中国の特許のレベルが日本に比べて低い理由

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP