ブログ

日本の企業名が中国で登記されてしまうリスク

日本の企業名が中国で登記されてしまうリスク

日本の企業名が中国で勝手に登記されてしまう場合があります。

日本の企業の中国法人だと思わせたり、日本の企業の関連会社だと思わせたりすることで、ビジネス上の信用を得るためです。

 

中国の企業名は工商局の審査を経て決定します。

審査内容は会社を設立しようとする地域内で同業他社がすでにその商号を使っているかどうかです。

したがって日本の企業名を含む名称であっても、同業他社が使っていない企業名であれば登記することが可能です。

さすがに日本の著名企業名であれば不正競争を理由に登記されることはありませんが、そうでない企業名であれば登記されてしまいます。

 

登記された企業名の取り消し・変更や使用停止を求める場合、中国に商標権があれば、商標権の侵害を理由に工商局や裁判所に対応を求めることが可能です。

また著名な企業名であれば、不正競争を理由に工商局や裁判所に対応を求めることが可能です。

 

しかし中国に商標権がなく、著名な企業名でもない場合、商標権侵害や不正競争に該当しないため、企業名の取り消し・変更や使用停止を求めることはほぼ不可能です。

 

参考 中国の商号と商標の関係

 

関連記事

  1. 中国で模倣されている店舗の外観は商標で守れるのか
  2. 外国の商標にも注意を。インターネット時代のネーミングを考える。 インターネット時代のネーミングを考える
  3. 地理的表示を活用して中国で模倣されている日本ブランドを守る 地理的表示を活用して中国で模倣されている日本ブランドを守る
  4. 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。 喫茶店の雑誌。「持ち出し禁止」は著作権法上の配慮から。
  5. 中国ビジネスで契約が必要な理由 中国ビジネスで契約が必要な理由
  6. 大人しい契約書が大人の契約
  7. 著作権法に干渉されたくなければ契約を
  8. 中国知財法務 中国から利益を回収する知的財産の活用方法

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP