ブログ

未登録商標を使い続けるリスクを理解していますか?

未登録商標を使い続けるリスクを理解してますか?
Voiced by Amazon Polly

商品名やサービス名を商標登録せずに使い続けている場合、引き続き未登録商標として使い続けることができるか否かは、その商品名やサービス名が広く認識されるほどに周知されている場合です。
残念ながら商標法が想定している周知性のハードルは非常に高く、ほとんどのケースにおいて要件を満たすことはできません。

長い間、使用している未登録商標であっても、周知性を満たしていない商標もあれば、短い期間しか使用していなくても、周知性を満たしている商標もあります。

ほどんどの未登録商標が周知性を獲得していない、つまり「先使用権」を獲得できていない状態で、仮に第三者が同じ商品名やサービス名を商標登録出願してしまった場合、モラルの問題は別として、商標登録される可能性を否定することはできません。
むしろ、そのような商標であっても商標登録されるのが普通です。

登録商標の権利者から警告状が届いたとき、「先使用権」を主張して事態が収拾することはまずありません。
商標の使用を諦めるか、それとも「先使用権」の判断を司法に委ねるか、という選択を迫られるわけですが、どちらを選択しても大きな負担を強いられることは間違いありません。

未登録商標のままで商品名やサービス名を使い続けるということは、常にこのようなリスクと向き合っていることを理解しておくべきです。

関連記事

  1. パソコンでできる簡単な商標調査 パソコンでできる簡単な商標調査
  2. 中国の特許出願が増えれるほど日本の特許が潰れやすくなる 中国の特許出願が増えるほど日本の特許が潰れやすくなる
  3. 商標権侵害の警告は突然やってくる 商標権侵害の警告は突然やってくる
  4. アジアの商標登録出願料金を比較 アジアの商標登録出願料金を比較
  5. 似ている商標を使っても犯罪にならない中国 似ている商標を使っても犯罪にならない中国
  6. 偽物を「所有」する時代から本物を「利用」する時代へ 偽物を「所有」する時代から本物を「利用」する時代へ
  7. 中国の商号と商標の関係
  8. 代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法

このコラムを書いている人

TANAKA Tomio

TANAKA Tomio

2004年弁理士登録 電機・電子・IT分野を得意とし国内・国外の権利化について豊富な経験と実績あり。 中国上海駐在経験を活かし中国実務についても豊富な経験あり。 知的財産調査官として特許を始め意匠・商標・著作権・不正競争防止に係る模倣品の輸入差止め審査に従事した経験を活かし模倣品対策についても積極的に取り組む。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

PAGE TOP