「正規運賃の3倍」キセル乗車に学ぶ破られない契約書の作り方

キセル乗車に学ぶ破られない契約書の作り方 法務

キセル乗車が発覚した場合の違約金が正規運賃の3倍ということはよく知られていることです。
ペナルティの内容を金銭に絡めていること、その金額を3倍という計算しやすい方法で表現することで、不正乗車に対する抑止力になっているようです。

ペナルティの内容を分かりやすくして不正を抑止するという方法を契約書の作成に取り入れてみることにします。

契約書の作成において、契約で定めた約束が守られなかった場合に損害を請求するという損害賠償条項を定めることが少なくありません。

果たしてこのような記載の損害賠償条項が約束を破ることの抑止力になるでしょうか。

先程の不正乗車の場合と比べると、ペナルティの内容が損害賠償という金銭に絡められていますが、その金額が表現されていません。

損害は約束が破られたときに発生するため、約束が破られていない契約書を作成する段階では損害額を記載することができないという事情はあります。

しかし予め損害額を決めておくという方法もあります(民法420条)。

例えば、契約で定めた約束が守られなかった場合は、1000万円を請求する、という損賠賠償条項を予め定めておくことができます。

先程の不正乗車の場合と同じように、契約で定めた約束を守らなかった場合のペナルティの内容が損害賠償という金銭に絡められており、さらに、その金額が1000万円という分かりやすい方法で表現されています。

実際の損害額が1000万円を超える場合もあるので、実務上は、1000万円を下回らないという最低賠償額を定めることになります。

タイトルとURLをコピーしました