「法律」は現実の後追い、「契約」は未来の先取り

問題が起きたあとに整備されるのが法律である以上、法律はその性質上、現実の後追いしかできません。
ビジネスを行ううえで法律を守ることは当然ですが、法律に規定されていないことは、それが良いことなのか、悪いことなのか、は、裁判で決着がつくまでわかりません。
つまり、法律に規定されていないことについては、「裁判で決着がつくまでは全てが合法」という主張もまかり通ることになります。

法律に規定されていないことについては、当事者がそれぞれ勝手に良し悪しを判断します。
利害関係が異なれば、一方が良いと考えることでも他方は悪いと考えます。

日本の法律は他国に比べて厳密につくられていますが、それでも現実に起こりうる問題に対応しきれていません。

ビジネスを行ううえで契約が大事だと言われる所以は、将来起こり得る問題は契約でしか対応できないからです。

ただし雛形の契約書は、万人のビジネスに使えるように最大公約数的にルールを規定したものなので、将来起こり得る問題を予測して個々に詳細に規定していない以上、未来を先取りしていない「法律」と同じ機能しかありません。

関連記事

  1. 海外製iPhoneを日本のアップルストアが修理する独占禁止法上の理由

  2. 中国爆買いを呼び込む今後の価格戦略

    中国爆買いを呼び込む今後の価格戦略

  3. 著作権法に干渉されたくなければ契約を

  4. 中国企業とライセンスを締結する際に日本企業が留意すること

    中国企業とライセンスを締結する際に日本企業が留意すること

  5. 知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ

    知らなかったでは通用しない特許権侵害の怖さ

  6. 中国撤退

    中国から撤退する場合の労働賃金トラブルに注意

  7. 中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害

    中国が模倣品天国であり続ける理由。見逃される小規模な侵害

  8. 満足する契約書はない