トラブルの出口戦略が書かれた使える契約書を目指そう

契約書で大事なことは、トラブルが発生したときの解決方法を明確に記載しておくことにあります。
ここでいうトラブルの解決方法とは、トラブルが発生したときに契約当事者以外の第三者の判断に委ねるのではなく、契約当事者のみで解決できる方法を指します。

トラブルが発生したときに司法や仲裁に頼る紛争解決方法は多くの契約書がボイラー条項として規定していますが、結果の予想がつかず、時間と費用ばかりが発生し、ビジネスには不向きです。

ビジネスのトラブルはビジネスを知り尽くした当事者のみで解決することが基本です。
判事は法律の専門家ではあってもビジネスの専門家ではありません。
仲裁委員のなかには当該ビジネスに詳しい人がいるかもしれませんが、それでも当事者以上に当該ビジネスを知っているわけではありません。

将来どのようなトラブルが発生するのかを事前に予測し、そのようなトラブルが発生した場合の解決方法を契約書に具体的に記載して初めて使える契約書が出来上がります。

「トラブルが発生した場合は話し合いで解決」
「話し合いで解決できない場合は司法の判断に委ねる」

このような紛争解決方法が頼りないことは、トラブルを一度でも経験した人であれば実感できることでしょう。

関連記事

  1. 中国企業との取引ではインセンティブ条項を充実させた契約書を作る 中国企業との取引ではインセンティブ条項を充実させた契約書を作る
  2. 中国から利益を回収する香港シンガポール法人の活用方法 中国から利益を回収する香港シンガポール法人の活用方法
  3. 中国で訴訟するなら先ずは出国
  4. 本物そっくりのミニカーが自動車の意匠権の侵害になる欧州と侵害にな…
  5. ブランドイメージを守る3つのポイント ブランドイメージを守る3つのポイント
  6. 自分が著作権者であることを証明できますか? 自分が著作権者であることを証明できますか?
  7. 中国では意匠も要注意です
  8. 外国の調査会社に技術情報を提供したときの違法性
PAGE TOP